• PHILOSOPHYラムダプロジェクト理念

    世界最強のAlopecia(脱毛症)対策『The Lambda Project』

    ビューティフルエイジングを提唱する私たちにとって、Alopecia(脱毛症)は、最大の敵と位置付けています。
    このAlopeciaに立ち向かう「ザ ラムダ プロジェクト」その症状のAlopecia(脱毛症)ステージに合わせた最強のWeapon(武器)を用意して、あなたをビューティフルエイジングへと導きます。

    Alopecia(脱毛症)は、その人が生まれ持つ遺伝や、ホルモン、酵素によって、約3人に1人の人が発症していきます。
    残念なことに、脱毛症(Alopecia)は、加齢と共に進んでいく病気です。
    Dr. クレイグ の考えは、「どれほど安全性が高い薬でも、できるだけ使用を抑えたい。」
    症状に合わせた早めの対策Alopecia(脱毛症)ステージUPをできるだけⅢで食い止める!
    これが理想であり、その為に開発されたWeapon(武器)が 1st ~4th Weaponなのです。

    しかし、Alopecia(脱毛症)は、日本で購入できるシャンプーや育毛剤レベルでは止める事が出来ない程の強力な脱毛ホルモンが加齢と共に加速して引き起こします。

    どうしても食い止める事が出来ず、Alopecia(脱毛症)ステージがⅣを超えてしまった方、又はすでにそれ以上のステージに進んで、「ラムダプロジェクト」を知った方もご安心ください!
    「ザ ラムダ プロジェクト」の最終 Weapon(武器) が用意されています。

    ( ここからは、医薬品ラムダグローの出番です。進んだAlopecia(脱毛症)ステージをⅠ~Ⅲまで戻す力を持つ最強Wepon(武器)のラムダグローが、安全に強力にあなたをサポートしAlopecia(脱毛症)を解決に導きます。)

  • THE LAMBDA PROJECTラムダプロジェクトとは

    世界最強のAlopecia(脱毛症)対策「THE LAMBDA PROJECT」
    ビューティフルエイジングを提唱する私たちにとって、Alopecia(脱毛症)は、最大の敵と位置付けています。このAlopeciaに立ち向かう「ラムダ プロジェクト」その症状に合わせた最強のWeapon(武器)を用意して、あなたをビューティフルエイジングへと導きます。

    Alopecia(脱毛症)は、その人が生まれ持つ遺伝や、ホルモン、酵素によって、約3人に1人の人が発症していきます。残念なことに、脱毛症(Alopecia)は、加齢と共に進んでいく病気です。クレイグ博士の考えは、「どれほど安全性が高い薬でも、できるだけ使用を抑えたい。」症状に合わせた早めの対策Alopecia(脱毛症)ステージUPをできるだけⅢで食い止める!これが理想であり、その為に開発されたWeapon(武器)が1st~4th Weaponなのです。

    アンチではなく『ビューティフルエイジング』をコンセプトにAlopecia(脱毛症)の解決のためのプロジェクト。

    クレイグ ウィルコックス博士は、健康な100歳老人と接しながら、「人をこのように導きたい」と強く思うようになり、「健康で、明るく、美しく」生きるために役立つ研究を開始、この時に出会ったのが、Alopecia(脱毛症)でした。

    個人差はありますが、髪が薄くなり始めると、その人の見た目年齢は10才も老けて見える事もあり、人の目が気になり人前に出るのが嫌になり、消極的になるなど、人生に大きく影響してくることが、私たちの調査で分かっています。
    反対に、髪が増えてくると、積極的になった、おしゃれになった、明るくなったなど、結婚や家庭にも影響するほどの、変化が訪れる事も分かっています。
    その為、クレイグ博士は、最重要項目Alopecia(脱毛症)の解決として『THE LAMBDA PROJECT』スタートさせました。

    「The Lambda Project」には、組み合わせにより5つのWeapon(武器)があります。

    Alopecia(脱毛症)は、すぐに悪化するわけではなく、個人差は有りますが、徐々そして確実にに進行していきます。
    それぞれの現在の状況に合わせた適格な対策を行なっていく必要があります。

    この脱毛症進行状況をラムダプロジェクトでは『Alopecia Stage(アロペシアステージ)』(※Alopecia(脱毛症)のステージ)とよび、ハミルトンレイウッド分類を利用して、ステージに合わせた対策を提案しています。
    初期段階で、医薬品などを使う必要はなく、まずは、できるだけ進行を遅くすることにポイントを置きました。
    その後は、進行状況に合わせて、有効なWeapon(武器)が用意されています。

    2014年、クレイグ博士は、その研究開発拠点をイタリア サンニオ大学にある産学官共同研究所『サンニオテック』内に設立しました。
    これからも、「The Lambda Project」は、益々進化していくことでしょう。